ピアノを独学でやるには指のトレーニングも大事!

こんにちは、那美です(^_^)v

先日、ピアノの教本を数冊買って練習しているのですが、指が思うように動かないんですよ(>_<)

教本にも書いてあったのですが、指が思うように動かないって人は結構いるみたいですね。ピアノを弾く上で、指の筋トレが重要なんだそうです。指のトレーニングを重ねていくと、「前よりスムーズに指が動くようになった。」と感じることが出来るそうです。

ピアノ上達を焦るあまりに、変に腕に力を入れすぎると腱鞘炎になってしまうかもしれません。指の力をつけて弾くというのは、力いっぱい大きな音を出すことではありませんので、手首や肩に力が入りすぎてしまうと怪我のもとになります。

では、指のトレーニングはどうするのか?ピアノのための筋力トレーニングは、まず薬指を高く上げる。ピアノの鍵盤に軽く指を置いた形から薬指だけを上げてみるのですが結構大変です。薬指が高く上がるほどピアニストに向いているそうです。

あとは、手をほぐしたり揉んだりしてみる。グーパーを繰り返したり、指先を軽く揉んだりして、手を柔らかくするそうです。

最後にゆっくりピアノを弾いてみる。指の練習曲では、「ハノン」が良いとよく言われているそうです。いつも弾く時よりもゆっくり、指1本1本に神経を集中させて、確実に独立した動きができるように意識してスローで弾いてみるといいようです。

あと、ピアノに向かう姿勢にも注意が必要だそうです。自分に合った椅子の高さで、手首が下がらないように鍵盤に指を置き、肩に力が入っていないようにひじは直角か、それより少し広めにします。たくさん練習した後に、腰が痛いとか、肩が凝る、指のどこかが痛むという方はどこかに無理な力が入っているかも知れないようです。

ピアノを独学でやるには、ピアノの練習の他に指のトレーニングも必要なんですね。

カテゴリー: Uncategorized